ホーム » タグアーカイブ

タグ: zero3

iPhoneがもたらすもの
2008/01/04 – 3:42 AM | 0
iPhoneがもたらすもの

明けましておめでとうございます。2008年は、新しいMobile Computingの始まりの年となるかもしれません。日本において、アップル社のiPhoneが発売されます。(iPhoneをご存知でないかたはこちらまで:http://www.apple.com/jp/iphone/)また同機で稼働するアプリケーションの開発環境も発表される予定です。
iPhoneとは現在のMacとほぼ同様のOSで稼働するminiコンピューター機能を持った携帯電話です。ジャンルとしてはWillcomやSoftBankが先行して発売している、WindowsMobile搭載の携帯電話と同様のものとなります。
ただ、しかしiPhoneの優れたユーザーインターフェース(使いごこち)Webサーバーやコンピューターとの接続の親和性は、WindowsMobileのそれとは、比べ物にならない次元を提供するといわれています。それにより携帯電話の業界だけではなく、iPodのように社会に大きな変化をもたらすかもしれません。またビジネスそのものにMobile Computingがより積極的に取り入れられる端緒となるかもしれません。
当社でも WillcomのZERO3を使いWeb上のデーターベースと接続し業務処理を行うシステムを開発していますが、iPhoneを使うことで、より高度な業務処理やサービスが行えるのではないかと期待しているところです。下記に上記ZERO3のシステムの概念図を示しておきます。

iPhoneはクローズド?
2007/01/15 – 12:06 PM | 0
iPhoneはクローズド?

さきにiPhoneはOSXで走る通信機能付のパソコンだと書きました。その時点ではiPhoneに通常のパソコンやスマートフォン同様に、ユーザー側で様々なアプリケーションを開発、追加出来ると思っていました。
日本製のスマートフォンであるZERO3(OSはWindows Mobile5.0)等は様々なシェアウエアーやフリーソフトが出回っています。弊社でも現在ZERO3を使ってサーバーにアクセスし、業務情報をやり取りする業務用システムを開発しています。当然iPhoneでも同様のことが出来、業務用システムの端末として使える可能性が有ると思っていました。
しかし、どうも違うようです。まだ販売まで間が有りますので変わってくるかもしれませんが、New York Timesのデビッド ポーグ氏のコラムで「iPhone」に関するFAQとその回答がまとめられています。その中に下記のような項目が有りました。
Mac OS Xプログラムを利用できますか?ーいいえ。
新しいプログラムを追加できますか?ーいいえ。Appleは、携帯電話のあらゆる面の見た目、操作感、動作を統制したいと考えています。
文面のまま解釈すれば、最初に入っているアプリケーション以外の追加は許さないということになります。Appleがチェックし基準を満たすアプリケーションであればOKということになれば、パッケージの開発ということになります。シェアウエアやフリーウエアの考え方が否定されることになりそうです。これは非常に残念なことですが、やはり製品が出てくるまでは不明です。

■現在ZERO3を色々と触っているのですが、OSの不完全さやアプリケーションメモリーの不足、メモリー管理のずさんさが目につきます。ただ理想的ではありませんが、手帳の替わり、メールのやり取り、webの利用、電話の機能が一つにまとまっているスマートフォンとしては、通信料金が定額制であること、その画面サイズが大きいこと、開発アプリケーションを自由に追加出来ることもあり、日本国内で業務用に使える唯一のものかもしれません。

●写真はZERO3からブラウザーを使用して見たapple US のホームページ。