ホーム » IT情報, ランニング, 開発部社長のブログ

ipodとnike+はイケてる?(序と準備)

投稿者: 投稿日: 2007/03/19 – 2:52 PM0

nike+ipodご存知ですか?ジョギングとipodを結びつけた、appleとnikeのサービスであり、画期的なビジネスです。近年週に1回のペースで、家のまわり5km程度を走っていましたので、2006年初夏USのappleのサイトでnike+の予告の頁を発見。期待していたところ、同年9月にUSでnike+ipodのサービスが開始。スタート初日になんと全世界(スタート時は北米、ヨーロッパ)で45万足のシューズを販売。その数字の大きさとマーケティングセンスの素晴らしさに関心。(このブログの2006/9月に書いていました。)

その後昨年末日本でもサービスがスタートし世界中(日、英、独、スペイン、中文、仏、伊、ポルトガル、ブラジル)で開始。私も必要なツールを手に入れ現在使用中。色んなことに感心したり、悲しんだり、推測したりの今日この頃。暫くの間、使用感やマーケッティング等々思うところを整理し、考えたいと思います。


■結論から先に言いますと、私はハマリました。元々走っていたこともありますが、目標を設定するとそれを目指して動いてしまうという、若い頃から訓練されてきた性にジャストフィット。nikeとappleにのせられてしまいました。元々期待していなかったipodのオーディオとしての能力にも魅せられてしまいましたが、これはまた別の機会に。

何やかやで4万ほどはかかりますが、体を動かしたい方(ウオーキングでもいけます)新しい世界をかいま見たい方にお勧めです。(但し私と意見が食い違っても当方は何の保証も致しません。)

■先ずnike+ipodを体感するためには、下記の3種の道具が必要となります。

1.ipod nano(現行のアルミでも旧版でも可)
shuffleは動かないにしても大きなipodで動くかどうかは不明。下記のnike+ipodスポーツキットのipod側の受信機の端子は同じようなので可能性はありそうですが不明。私はヨドバシ梅田で4Gタイプを購入。¥23,800。

2.nike+ipodスポーツキット(基本的にはAppleの製品です)

靴に入れる送信機とipodに取付て靴から送られてくるデータを受信するための受信機のパッケージです。家の近くの大型スポーツショップで¥3,400で購入。

Nike+_kit

Nike+のセンサーキット

●左の赤いのが靴底にいれるセンサー(発信機)。右がipod nanoにつける受信機です。

3.nike+に対応したシューズ
靴底に上記2.の送信機が納まるスペースを持つ靴です。当然nike製。私は家の近くの大型スポーツショップで¥12,800で購入。これはAIR ZOOM MOIREのハイカットタイプで、足首をサポートし安定性を重視したロード用です。他に速度や軽さを重視したものもあります。

shoes2

Nike+専用シューズ

shoes

靴底にセンサーのスペース

●左脚の中敷の下には、プラスチックでnike+ipodスポーツキットの発振器(謂わば万歩計
ですね。)のスペースが準備されています。この発信機の電池は2000時間持つと記載されて
います。また長期保管のためのスリープボタンがついています。電池交換は出来ないようです。

また最近専用の靴でなくても使えるツールもでています。(下記参照)
http://www.trinity.jp/ipod/nano/sportsuitsensor/index.html

4.上記以外にヘッドホンが必要かも。
ipodに付属するヘッドホンは、運動時には外れやすいインイヤータイプですので、ネックバンドスタイル(耳掛けタイプ)がお勧めです。nikeやphilipsが出しています。私は後者を梅田ヨドバシで¥3,400で購入。但し眼鏡をかけて走る方は事前に見てから購入することをお勧めします。


■さあこれで準備完了です。appleとnikeの計略にまんまとはまって色々買ってしまいました。でもなかなか期待させてくれます。次は使用感等をまとめてみるつもりです。

現在コメントは受け付けていません。